上手に導入するには

コピー機を新規で購入する場合には、好きな商品の中から、気に入ったものを購入することができますので選択肢の幅が一番大きいことになりますが、初期費用はかなり高額になり、複数台の導入が必要な場合には、百万以上かかってくることもありますので、運用資金を残したいと考える場合には不向きになります。大企業等、資金面に問題がなく、納期的にも余裕がある場合にお勧めの方法となります。

リース契約をして導入する場合には、新品購入とは逆で、初期費用がほとんどかからない手段となる為、企業時にあまりオフィス機器にお金をかけたくないと考える事業主の方に大変お勧めの導入方法です。月額が決まっている為、ランニングコストや経理面でのメリットが大きく、また所有権はリース会社にある為に税金等の事務負担が軽くなります。

一方で、長期契約になった場合のトータルコストで考えると、比較的割高になることがあります。また途中で解約をすると解約金が発生する為、買い替え等自由にすることができないという制約が発生します。

中古品を購入する手段の場合は、新品に比べると格段に安い値段で新しい商品と同様の商品を導入できる可能性があります。ただし、選択肢に限りがあるというデメリットがあります。

Pocket